注文住宅の予算の決め方

注文住宅を建てる費用は人によって1000万から4000万円台と大きく異なります。では、どのように予算を決めればいいでしょう。予算別にどんな住宅が建てれるのか説明します。若いけど我が家が欲しい、旅行や学習などのほかの事にもお金を使いたいという人は、1000万円台の予算で住宅を建てることを考えましょう。1000万円台ならば、四角い形のシンプルな外観の住宅となります。間取りも単純なものとなりますが、その分どんな家具でも合うというメリットがあります。 2000万円台なら、どこにお金をかけるか考えることで、自分の希望をある程度叶えた理想に近い家を建てられるでしょう。3000万円台ならばさらに、多くの希望が叶います。ただ、多くの希望が叶うぶん、どの希望を叶えるか迷いやすくてプラン決定までに時間がかかりがちです。4000万円台なら金額の負担が大きい分、迷わずに希望通りの家が建てられるでしょう。

自分が何を希望するか優先順位も併せて考える

できるだけ安く、理想の家を建てたいならば自分が何を一番に望むのかよく考えることが大切です。外観にこだわりたいならば内装はシンプルなものにする、壁や床の素材にこだわりたいならば外壁や屋根の素材は安いものにするなど、どこにお金をかけるのかよく考える必要があります。あれもこれも希望を叶えたいと欲張ると、予算がどんどん跳ね上がってしまうでしょう。また見た目や希望に拘り過ぎないように注意することも必要です。自分がその家で暮らしていく様子をしっかりとイメージして、いざ暮らし始めたら暮らしにくい設計だったなんていうことがないように気を付けなくてはいけません。

注文住宅は家を建てる人の希望を叶えられる反面、希望が多すぎると予算がオーバーしやすい面もあります。しっかりと自分の希望に優先順位をつけ、予算内でより満足できる住宅になるようにしましょう。