自由度の高い間取りは注文住宅の魅力の1つ

注文住宅のメリットには様々なものがありますが、自分たちの好みやニーズに合わせながら、自由自在に間取りを設計できるのも、大きな魅力と言えるでしょう。家事をしながらでも子どもを見やすいように、キッチンにキッズスペースを設けたい、夜空が見える位置を書斎部屋にしたい、将来的には息子夫婦と同居するので、2世帯住宅を前提とした造りにしたい等、こんなニーズでも注文住宅なら実現することが可能です。とはいえ、間取りの設計段階で自由度が高い分、あらかじめ必要最低限の知識を備え、業者選びからスケジュールまで、しっかりと準備することが求められます。これを怠ると、完成後の日常生活に何らかの支障をきたし、後悔することにもなりかねません。

注文住宅で間取りを決めるならこのポイントが大切

注文住宅でどんなタイプの間取りを作るにせよ、あらかじめ抑えるべき基本的なポイントがあります。まず最初のポイントは、家族構成を現在から将来にかけて、トータルに捉えることです。例えば幼児がいる家族であれば、最初の頃はリビングやキッチン等に併設した、小さなキッズスペースで足りるでしょう。しかし子どもが成長したらそうはいきません。将来的に子ども部屋をどこに設置するのか、間取りを設計する段階から十分に計算しておく必要があります。もう1つのポイントは、日頃の生活動線をよく理解しておくことです。例えば普段の家事で調理と洗濯を連続して行っている家庭なら、キッチンと洗濯置き場そして物干し場との距離をできるだけ縮めて、家事に負担の少ない間取りにしておくのが理想です。